思いのままの美しいバストを実現

シリコンバッグ挿入法

シリコンバッグについて

ガーデンクリニックで行うシリコンバッグ豊胸術ではコヒーシブシリコンを使用します。
コヒーシブシリコンは形や表面の性状の種類が多く、感触も自然で様々なクリニックで使用されているバッグです。

液体のように見えますが液体ではなく、万が一破裂することがあっても内容物が流出することは考えにくいでしょう。

シリコン 形(ラウンドタイプ・アナトミカルタイプ・アシンメトリータイプなど)や表面の性状(スムース・テクスチャード)など種類が豊富であることが特長で、
患者さま一人一人に最適なバッグの選択が可能となります。

気になる傷跡は、ワキのシワに沿って4~5cmのもので、
傷跡はほとんど目立ちません。

熟練された医師による手術

シリコンバッグによる豊胸術は、医師の技術により、仕上がりが違ってきます。
ガーデンクリニックでは、専門の医師が施術を行いますので、
より自然なバストアップが実現できます。
また、カウンセリングをしっかり行い、どんなバストになりたいのか、
どれ位サイズをアップさせたいかなどのご要望を聞き、医師より最適な治療方法を提案しております。

バッグの種類

当院で使用しているバッグは、拘縮の可能性の低い最高品質のシリコンジェルバッグを使用しております。様々な形状、サイズ、肌触りなど豊富な選択肢から患者様の理想とするバストラインに近づけるものをお選びいただけます。

バッグの種類

優良クリニック認定

ガーデンクリニックでは、世界有数の豊胸バッグメーカーであるメンター社より、豊胸技術の証明及び、十分な症例の証として優良クリニックの認定を受けております。

バッグの挿入部位

バッグによる豊胸手術には、乳腺下法と大胸筋下法の2つの方法があります。乳腺下法は乳腺の下の部分にバッグを入れるため、皮膚より浅い部分にバッグが入っている状態となります。
大胸筋下法は大胸筋の下の部分にバッグを入れるため、深い部分にバッグが入っている状態になりますので、バッグが分かりにくくなるため、多くの患者さまには大胸筋下法をおすすめしております。但し、大胸筋下法は垂れたバストの方にはあまり適しておりません。その様な場合は乳腺下法をおすすめしております。

ダウンタイム

image

★分割払いも可能です!詳しくはカウンセリングにてご案内します。
※表示価格は全て税別価格です。

ガーデンクリニックの様々な施術はこちら

imageimage imageimage imageimage imageimage imageimage imageimage

image

image

Copyright © Garden clinic. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー